新☆野球少年やまぐちフラワーランドの歌 はばたけ野球少年 おじいちゃんおばあちゃんの歌
周防大島よろしくのんた 元気と笑顔のブツブツ交換 ありがとうを言える幸せ野球少年


2018年12月01日

☆はなおと(花巻)とマウンテンマウスまぁしぃのミラクル繋がり話☆

47320.jpg


2014年に初めて来島して今年で周防大島で演奏するのが五回目になる【はなおと】

岩手県花巻市出身の二人組【はなおと】は鼻笛演奏家モスリンさんに紹介されました!

【はなおと】がアメリカツアー行った次の年2014年に今度は全国ツアーで

まわろうとしたときに山口県に知り合いが当時はまだいなくて、

「山口県だったら良い仲間がいるよ!」とモスリンさんがはなおとに

マウンテンマウスを紹介してくれて繋げてくれたのがご縁です。

岩手県花巻の漁師町出身と言うことでとても親近感があり、たくさん花が咲きました。

震災前から岩手県花巻市(旧東和町)浮田小学校と山口県周防大島町(旧東和町)油田小学校が

同じ東和繋がりということで雪とみかんの物々交換交流会をしていました!

そのご縁もありマウンテンマウスも浮田小学校にライブ行って閉校ソングも作らせて貰っていたこと。

震災の時にマウンテンマウス号を宮城県気仙沼大島にプレゼントするときも

岩手県の仲間にたくさん助けて頂きました!

周防大島にも岩手県から仲間が何人か移住してくれて、周防大島にとって岩手県はとても身近な

存在だったので【はなおと】が周防大島に来てくれることは、みんなが温かく受け入れてくれました。

【はなおと】は震災のこともあり、ふるさと岩手県花巻の事をとても大好きなんだよと

ふるさと愛もあって、その部分がマウンテンマウスととても共鳴して

いつもはなおとの演奏を聞くと温かい涙に包まれます。

そんな中で、今回10月21日に大島大橋の出来事があり、いち早く連絡をくれたのが【はなおと】でした。

「自分達も震災の時に全国のたくさんの人たちに助けられました。

周防大島のために自分達が出来ることはなんだろう?」と、その当時いつまだ復旧出来るか

分からないときに、「周防大島に入らせてください!」と連絡を頂き本当に有難い気持ちでした。

でもライブをするにしても島の中でそれどころではなくどうやって動けばいいか分からない中で

竜崎温泉もいち早く動いて「島のおじいちゃんおばあちゃんに少しでも温かいお湯に入って貰えたら」と

無料解放を行っていました。ほとんどのトイレもシャワーも使えない情況で見えない所で

どれだけ動いて体に負担をかけながら動いていたか想像がつきません。

そして先日竜崎温泉で食事をしていたら水が飲めないからとお茶を出していて飲んだら

「18の魔法」と言ういつもは販売しているそのお茶でした。

このお茶は楽天一位にもなってる商品なのに普通に無料で提供するなんてなかなかできないことです。

ほんとに感動でした。

そんななかで12月2日に全面交通解除と水も復旧完了すると有難いお知らせ!

「この竜崎温泉で【はなおと】とマウンテンマウスライブをして周防大島竜崎温泉から

ありがとうの気持ちを届けられたら島の外の人たちにも感謝が届けられるかもしれない」

と企画を実現に向けることを踏み切れました。

今回ははなおとサポートの岩ちゃんも東京から参加してくれる事も決まり

【はなおと】は三人で演奏してくれます!

ライブの最後には【はなおと】のふるさと岩手県花巻市の宮沢賢治さんの「アメニモマケズ」の歌と

マウンテンマウスのふるさと山口県周防大島のみんなが大好きな星野哲郎先生の「365歩のマーチ」と

をみんなで歌えたらと思っています!

このたびの周防大島への見える形や見えない形での多大なるサポートへの感謝を込めて

竜崎温泉から 【はなおと】と共に

島を見守り支えてくださった人たちに^ ^

また、島で何往復も40日間水を運び頑張り抜いた島民たちの体への労りも込めて

感謝ありがとう幸せの連鎖に万歳です!

花巻ふるさと大使
はなおと
仙波明夏&安藤孝人
山口ふるさと大使
マウンテンマウスまぁしぃ
posted by まぁしい at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: