新☆野球少年やまぐちフラワーランドの歌 はばたけ野球少年 おじいちゃんおばあちゃんの歌
周防大島よろしくのんた 元気と笑顔のブツブツ交換 ありがとうを言える幸せ野球少年


2012年08月24日

歌100%周防大島

本日の朝日新聞に掲載して頂きました。

以下は、その記事です。

◆故星野哲郎さんの事務所依頼



作詞家の故星野哲郎さんの古里、周防大島町の小学5、6年生が作った七つの詩に、同町の兄妹デュオ「マウンテンマウス」が曲をつけて歌っている。「地元でできた歌を地元で歌い続けてほしい」と、星野さんの事務所が企画した。


詩は星野さんの門下生が2月に同町立城山小で開いた作詞教室で生まれた。

「おおしま大橋/おおきな橋/したにはうずが/まいちょるよ」と行頭を「大島大橋」にそろえた詩や、「あなたの口に行ってきます/さようなら〜」と特産のミカンの気持ちを詠んだものなど、地元がテーマの7編。

「せっかくの詩を発信したい」と今春、星野さんの事務所「紙の舟」の木下尊行さんが、マウンテンマウスに作曲を依頼した。2人は喜んで引き受け、兄の中谷昌史(まさし)さん(30)が曲を作った。

「みかん」は陽気に、「魚」は演歌っぽく、「大島大橋」はゆったりしたメロディーに乗せて。7編の詩は個性的な歌に変身した。

妹の愛美(まなみ)さん(26)と歌い、城山小でも披露した。

8月からは、星野哲郎記念館(同町平野)の企画展の協賛イベントも兼ねた各地のライブで、この歌を歌っている。

20日は柳井市のやまぐちフラワーランドでライブがあり、4曲を披露した。

愛美さんは「詩が純粋でかわいい。大島の子が作った大島の詩を歌えるなんて、まさかの体験」と喜ぶ。昌史さんは「子どもたちは楽しんで詩を作ってくれた。作詞って難しいイメージがあるけど、自分もやってみようと思ってもらえたら」と話している。

posted by まぁしい at 19:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!CDありがとうごさいます!いつか一緒に演奏出来ることを楽しみにしています!
Posted by shelties1年s at 2012年08月25日 23:08

こんばんは!
以前CDをいただきありがとうございました!
いつかマウンテンマウスさんにお会いできる日を
楽しみにこれからも頑張りたいと思います!!
Posted by shelties 1年Y at 2012年08月25日 23:14
今度お会い出来る日を楽しみにしてます☆☆

今日もシェルティーズのメンバーが素敵な時間でありますように(^O^)
Posted by マウンテンマウスまぁしぃ at 2012年08月26日 07:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック