新☆野球少年やまぐちフラワーランドの歌 はばたけ野球少年 おじいちゃんおばあちゃんの歌
周防大島よろしくのんた 元気と笑顔のブツブツ交換 ありがとうを言える幸せ野球少年


2011年10月23日

☆1985年3月17日のトルコにありがとう(^O^)☆

人と人との関わりはこんなところからはじまるのです。

トルコのエルトゥール号という船の話です。

これは実話です。

和歌山県の南端に大島という島があります。

それは1890年(明治23年)9月16日の夜のこと、台風が大島を襲いました。

トルコ皇帝ハミル2世が日本に派遣した特使一行を乗せたエルトゥール号が、トルコへの帰路その台風に遭い、和歌山県串本町沖合で岩礁に衝突し遭難するという事故が起きました。

この事故で、特使を含む518名は死亡したものの、死を免れた69名は地元民の手厚い救護により、一命を取り留めました。

この時村人たちは、台風により漁ができず自分たちの食べるものさえ無くなってしまうという状況にあったにもかかわらず、非常時のために飼い最後に残ったにわとりまでも、トルコ人に食べさせ介護したそうです。

また、遭難者の遺体を引き上げ、丁重に葬りました。

この話は、和歌山県知事から明治天皇に伝えられ、その後、遭難者たちは明治天皇の命により軍艦2隻でトルコに送り届けられました。

このことは、日本中に大きな衝撃を与えました。

多くの日本人がこの話に同情し、ある「山田寅次郎」という人物が、一民間人として新聞社などの協力を得ながら全国を歩いて義捐金を集めそれを携えてトルコに渡りました。

1892年4月4日、イスタンブールにようやく上陸した山田は外務大臣サイド・パシャに義捐金を手渡し、皇帝アビドゥル・ハミト2世に拝謁しました。

山田寅次郎はトルコ側の要請でそのままトルコに留まり日本語を教え、日本とトルコの友好親善に尽くしたそうです。

この時の教え子の中には、後にトルコ共和国初代大統領となるケマル・パシャ(アタチュルク)がいました。

そして・・・次のような後日談があるのです。イラン・イラク戦争の最中、1985年3月17日の出来事。

イラクのサダム・フセインが、「今から48時間後に、イランの上空を飛ぶすべての飛行機を撃ち落とす」と世界に向けて発信しました。

日本の民間企業職員やその家族が、イランに住んでいました。

その日本人たちは急いでテヘラン空港に向かいました。

しかし、どの飛行機も満席で乗ることができなかったのです。

世界各国は自国の救援機を出して救出していましたが、日本政府は素早い決定ができずにいました。

当然のことながら空港にいた日本人はパニック状態になったのではと思います。

そこに、二機の飛行機が到着しました。

それはトルコ航空の飛行機でした。

その飛行機は日本人215名全員を乗せて成田に向けて飛び立ちました。

タイムリミットの1時間15分前のことでした。

なぜ、トルコ航空機が来てくれたのか、日本政府もマスコミも知らなかったそうです。

そのことを前・駐日トルコ大使、ネジアティ・ウトカン氏は、のちに次のように語りました。

「エルトゥール号の事故に関して大島の人たちや日本人がしてくださった献身的な救助活動を、今でもトルコ国民たちは忘れていません。

私も小学生のころ歴史の教科書で学びました。

トルコでは、子供たちでさえエルトゥール号のことを知っています。

現在の日本人が知らないだけです。

だからこそ、テヘランで困っている日本人を助けようと、トルコ航空機が飛んだのです」

ということがあったということです。

正直言って私は知りませんでした。

おそらく知らない方は多いのではないでしょうか。

このような話は外国に比べて日本では学校で教えていないですよね。

知らなければならないことってあると思います。
posted by まぁしい at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。