新☆野球少年やまぐちフラワーランドの歌 はばたけ野球少年 おじいちゃんおばあちゃんの歌
周防大島よろしくのんた 元気と笑顔のブツブツ交換 ありがとうを言える幸せ野球少年


2011年07月09日

☆花咲かじいさんとちょい悪じいさんと桃太郎の繋がり話B☆

一方花咲かじいさんは一人の身よりのない子供を見つけて悩んでいました。

『誰かこの子を育ててくれる子はおらんかのぅ?』

その子が桃を食べてる途中川に落ちて流されました。

流れてくる少年はギリギリの所で助けられました。

助けたのが何とタイミングの良いちょい悪じいさん(^O^)

『どっから来たんじゃ?』

その子は川に落ちたショックで言葉がしゃべれません。

『よしっ名前は桃太郎!お前をわしの人生全てかけて立派な男に育てちゃる!』

ちょい悪じいさんは桃太郎を愛情いっぱい可愛いがりました(^O^)

一緒に山に登ったり、近所のおばあちゃんの農業を手伝ったり(^O^)

ちょい悪じいさんは桃太郎にギフトな人生の素晴らしさを色んな形で教え続けました。

桃太郎は愛情いっぱいみんなに愛されながら成人しました。

桃太郎は旅に出る事になりました。

『じいちゃん!自分をここまで育ててくれてありがとう(^O^)これからはおじいちゃんの魅力を世界中に伝えていくよ(^O^)』

『桃太郎、これを持っていきなさい!』

『これは?おにぎりだね(^O^)』

『ぱくっ(^O^)』

食べた瞬間桃太郎は大粒の涙が流れました。

それもそのはず大好きなおじいちゃんが桃太郎のために握ったおにぎり(^O^)

おにぎりを作ってくれた愛情が桃太郎の心に愛を教えてくれました。

しかし、桃太郎の涙が霞む程にちょい悪じいさんは顔をくしゃくしゃにして泣いていました。

『ありがとう桃太郎!お前のおかげでこんなにも幸せな人生を送る事が出来た(^O^)』

ちょい悪じいさんも普通のじいさん。

もしもちょい悪じいさんが昔ちょい悪じゃなかったら今の桃太郎はいなかったかもしれません。

もしかしたら花咲かじいさんも昔はちょい悪にいさんだったかもしれません。

少しのきっかけと出会いと感謝で人は人に笑顔を人生をプレゼントする事が出来ます(^O^)

花咲かじいさんは言いました(^O^)

『わしゃあこの世の中に悪い奴はおらんと思う!森羅万象大好きじゃ!』

『わしもじゃ!わしも!』

ちょい悪じいさんが満面の笑みで言いました(^O^)

みんな繋がってる(^O^)

全ての人にありがとう(^O^)

感謝ありがとう幸せの連鎖に万歳です!

※このお話はハナノタネのアイデアを元に出来たワクワク繋がり話でした(^O^)
posted by まぁしい at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。