新☆野球少年やまぐちフラワーランドの歌 はばたけ野球少年 おじいちゃんおばあちゃんの歌
周防大島よろしくのんた 元気と笑顔のブツブツ交換 ありがとうを言える幸せ野球少年


2011年04月08日

☆斎藤一人さんありがとう@☆

斎藤一人さんから
愛する皆様へ★★★
この震災を乗り切る最新のお話☆
【安心と勇気】

<<

文章化してくれた方がいて

全文です。

>>

こんにちは、斉藤一人です。

本日は2011年4月の1日です。

ちょうど”神さまの日”なので、神さまの話をします。

信じられる人だけ信じてくれればいいです。

今、未曾有の震災で、関東から青森まで、とんでもない震災が起きてるんですけど

このことから何を学ぶべきか、それと私たちとして何を伝えるべきなのかと神さまにお伺いしてみました。

何を学ぶのかと言ったときに、学びでは『感謝』、

当たり前にあるものに感謝してくださいっていうメッセージが来て、

電気、水道とか洋服、食べ物。今まで当たり前にあると思っていたものが、

一瞬にして無くなったとき、そういうものに対する感謝。

それと今、原発事故も起きてるんですけど、原発に色々言う人もいるんだけど、

40年間私たちのために電気を送り続けてくれた原発さんに、

私たちは感謝しなきゃいけないし、

今その中で命がけで働いてくれてる人たちに感謝しなければいけないっていう

メッセージは皆さんにお送りしたと思うんですが、

だけど、今日改めて

『このことから私たちが伝えなきゃいけない事ってなんでしょう?』

って言ったときに…

『勇気』

て言葉が出たのね。

で、勇気ってどういうことかって言うと、この国難にあって、

この災難で苦しんでいるときにみんなが恐れるんじゃないの。

神は常にそうなんだけど、神は常に”安心”を与えるの。

それなのに、今この時期を利用して人に不安を与える人っていっぱいいるんです。

この日本っていう国にいる以上はね、よく私、

『何も起きないよ、何も起きないよ』って霊的な話をしてるんですよ。

この国にいる以上私たちの親も”関東大震災”っていうのにあったり、

神戸に地震があったり、この日本って国はそういう事を乗り越えながら”

魂”が成長する国だから、地震とかそういうのはあるんです。

津波とかっていうのは。 ただ、それに便乗して、精神論者とか一部の

宗教家とかが”アルマゲドンがあるんだ”とか、 そして”アセンションが

あってそういうことが起きるよ”とか、

そういう事を本当にこう広めるっていうか、不安を更にあおってるんだよね。

で、また精神的なことが好きな人ってのは、すぐそういうのにはまっちゃって

怯えるんだよね。 あのね簡単に(かな?)怯えちゃダメだよ。

あなたたちの出している”怯えの波動”って、悪い現象をまた

呼び起こすんだよ。 あのね、精神論をやってる人とか

神さまを口にする人で、 安心しなさいって行ってるのホントに

日本でオレだけかもわかんない。私は私以外の人で知らないのね。

みんなに不安を与える神ってどんな神なの?

人を恐れさせる神ってどんな神なの? で、地震が来たりなんかすると、

これが前兆だとか予兆で、 また悪いことが起きるように言うの。

原発の問題ももう心配だろうけど、2日ぐらいまえにもう山越えたの。

どんどん、どんどん、良くなってくるの。

今は海に1万倍のが流れたとかね、2万倍の放射能のが流れたってけど、

海に流れたってすぐに薄まって消えちゃうの。

で、元が出なくなったらだんだん、だんだん収まってくるから。

もうみんな、そんな心配しなくていいから。

ね、福島原発がもめたからって、鹿児島の水が無くなるとかね、おかしいよ。

ね、みんなもう落ち着いて、『勇気』を出して、
posted by まぁしい at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック