新☆野球少年やまぐちフラワーランドの歌 はばたけ野球少年 おじいちゃんおばあちゃんの歌
周防大島よろしくのんた 元気と笑顔のブツブツ交換 ありがとうを言える幸せ野球少年


2011年06月23日

☆宮城県気仙沼大島小学校へ山口県柳井小学校の歌声を届けに行こう(^O^)☆

みなさんおはようございます!ラッキー兄妹マウンテンマウスのまぁしぃです。

今回3月11日にこのような出来事が起こり、山口県にいた僕もまぁちゃんも仲間達も『気仙沼大島の子供達は大丈夫かのぅ。大丈夫かのぅ』とぶち心配でした。

山口県で僕たちがライブする時に必ず伝えている事があって、『僕たちマウンテンマウスは東北にご縁があって東北の人たちはぶち素敵な子供達がいたり、ぶち心ピカピカの仲間がいて東北の人たちは本当に魅力いっぱいな人たちなんよ』とマウンテンマウスが結成して11年間伝え続けてきました(^O^)

だから今回僕の携帯にもたくさん電話やメールを送ってくださり、『大丈夫まぁしぃ?まぁしぃの大好きな東北の人たちは大丈夫?連絡取れちょる?』と山口県や北海道、ご縁のある全国のみんなが気にかけてくれていました。

『何か自分に出来る事はないかなぁ?何が自分に出来るだろう?東北の仲間の為に何かやろうよ!』と声があがりました。



そこで行動を起こしたたくさんの人たちの中の一つで山口県周防大島町の隣にある柳井市柳井小学校3年生の元気ハツラツ笑顔いっぱいの子供達が立ち上がりました。

『まぁしぃまぁしぃ、私達に何か出来ないですか?気仙沼大島小学校の子供達の為に何か出来んかね?』

『そうじゃねぇ?一体何が出来るじゃろう…歌で何か伝えられると良いねぇ』と考えていました。

ちょうど今山口県では山口国体が今年10月に開催されると言う事で県全体で一つになってみんな張り切っていて、特に柳井市は商店街の一人一人が協力して『小さな町』と言う歌の詩を集め、地元のNPO法人ダンデライオンの立川さんが作曲して、柳井小学校3年生が歌って柳井市から元気を発信していました。

『そうだまぁしぃ!私達が今ずっと歌ってる国体ソング「小さな町」を気仙沼大島のみんなに届けようよ!』と子供達が言いました。

小学校の先生方や柳井市の人たちみんなが笑顔で協力してくれて歌唱指導の時間を取り、「小さな町」と「ビリーブ」、気仙沼大島小学校へのメッセージをレコーディングして一枚のCDにしました(^O^)

みなさんその場所に体育座りで座って貰って良いですか?

それでは二曲ほど再生させて貰います☆☆

柳井小学校3年生が歌う「小さな町」「ビリーブ」。
posted by まぁしい at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。